泰山グループ

首頁 泰山企業について 泰山グループ

ESGアクセラレータープログラムで泰山の持続可能な発展を支援します

ESGとは環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもので、コーポレートガバナンスの範囲を指し、環境と社会への影響を考慮しなければなりません。 これは企業の社会的責任(CSR)よりも企業の責任の直面していることがより理解でき、次世代を迎えるための必要な投資でもあり、さらにこれは現在の投資の新しい概念となっており、ポイントは企業内部への投資で、外部への投資ではないということです。

2020 年下半期、外資系企業が私に対してESGの手法について尋ねるようになったことを嬉しく思っています。ESGは既に週刊誌・雑誌・セミナーの話題ではなく、企業が経営倫理を持っているか、環境と社会に対して重大な影響を及ぼすかを判定することが一般的になり、このような価値観が既に形成されていると感じております。 このような思想の流れによって、全ての企業が生産と管理責任と向き合うことで、消費者が目覚めた後のいわゆる「社会的責任消費(SRC)」に対応することができ、国連のSDGs(持続可能な開発目標)の目標12 に本当に到達できることが予見可能です。

過去5年間、経営陣と従業員が一致団結して、企業の健全性を向上しながら事業の成功をもたらしました。得られた利益を配当に反映することに加え、ESGの実現に向けてさらに邁進し、各界の企業への期待に積極的に応えております。 私は多くの人は誠実で地球を愛し、人を大切にする企業を支持すると信じておりますので、泰山企業はすべてのステークホルダーへのフィードバックにさらに努め、皆様の期待にお応えして参ります。

昨年70周年を迎えた泰山企業は、100周年に向けてこれからも邁進します。 私は現在の経営方針の下、常に全ての管理職と一般社員が誠実さを重んじて責任ある生産者となり、個人の私欲と外部からの誘惑を排除することで、会社の株価が再び最高値を記録して、成長曲線を描き、その勢いを維持するための努力をして参りました。 このESGのDNAが泰山の中で浸透し、一種の信仰のようになっていますが、信じるからこそ力になるのです。この使命と責任がなければ、外部環境の変化に左右されることは避けられません。 私が創造したいのは「良いサイクル」で、私たちだけで十分に、他の人にも良い影響を与えることができるということです。これこそが泰山の影響力です。

だからこそ、法に則った制度の構築・組織機能の強化・人材の選抜・育成・確保の重視など、コーポレートガバナンスの基礎および規範から着手しました。 炭素の排出量と価格・エネルギー効率の改善・水資源のリサイクル・廃棄物のリサイクル経済・温室効果の環境リスク・労働力不足などの問題に直面した時、誠実・正直なチームが協力してこそ、責任感があり、利害関係のバランスが取れた解決策を見出すことができるのです。

これは決して簡単な道ではありませんが、正しい道です。70年の歴史を誇る大企業の考え方や習慣を変えるには、まずは経営から着手して、環境や社会的な目標を実現していく必要があります。 弊社は上場企業の一企業として資本市場から調達した資金は社会の財であり、社会から得たものは社会へ還元して参ります。私は「まわりに利益をもたらしてこそ、自分たちに利益をもたらす」と強く信じています。

 

董事長   詹逸宏

 

細部まで注意を払い 持続可能な経営をします

2020年は、世界で新型コロナウィルス(COVID-19)が大流行し、過酷な課題に直面しましたが、弊社はこれを軽視することなく、春節の期間に防疫対策を開始し、すぐに分散出勤の計画、作業モデルや経営戦略の調整を実行しました。私は台湾が平安無事であり、会社が平安無事であることを非常に嬉しく思います。

私は株主・社員・サプライヤーの方々と接する機会がたくさんありますが、これまで以上にお互いの関係が良好になることを願っております。近年、経営陣は組織・財務・経営の改善・革新に努め、さらに高い成果を上げることを目指しております。  泰山が2020年に経営と財務実績の面で素晴らしい業績を実現できたことを誠に嬉しく思っています。昨年は、例年と比較して非常に良い成果を残すことができた一年でした。

お客様の安全・健康のテーマについては、基本的な食品安全管理に加えて、新製品の糖分削減に努めており、既に弊社製品「茶攤一條街」や「泰山珍穀益」は、お客様から好評をいただいております。 また、健康的な商品の普及を図るべく、輸入品を産地から直送することで、高価格商品をよりお求めやすい価格でお届けしています。「泰山玄米油」は、リーズナブルな価格で本来の栄養素を維持し、お客様の健康を守る一つの経験となりました。

現在、市場の需要に応じた新しい生産ラインの追加・商品の改良・古い機械から新しい機械への交換・適切な管理人材の育成など、内部の改革を継続的に実行しています。 また、市場動向の変化に応じて考え方を変え、人工知能が工場にどのような変化をもたらし、スマート管理が専門家との相乗効果でどのように効果を最大限発揮できるか、廃棄物がリサイクル経済に組み込まれる可能性などを研究しています。各改革や変化がもたらす可能性を常に考慮して、先進的な実験も継続的に実行しています。多くの改善には経験の蓄積に時間がかかりますが、従業員一同、最高ではないかもしれませんが、より良い改善を目指しています。

就任以来、企業と環境の関係に配慮し、大気への排出・水処理設備・ボイラーの熱の管理などを積極的に行ってきました。 非財務情報による管理手法やリスク対策も泰山の更なる改善のポイントです。ESGの価値も投資家が会社を評価する指標の1つであり、弊社の卓越した管理は、他とは異なり、ブランドの価値と評判をさらに高めています。 70年の企業の考え方と行動は、すべてが一緒に強力して機能する必要があります。弊社はプロで、能力があり、人材もいます。弊社は改善を継続し、より良い社会環境とグローバルな持続可能な目標のために貢献していきます。皆様があってこそ、泰山もあるのです。

総経理 詹景超

 

泰山経営チームの学歴・経歴

役 員国籍または
登記住所
名 前主要学歴経 歴
代表取締役 中華民国詹逸宏カリフォルニア州立大学フラトン校 学士泰山企業株式会社取締役
喜威世流通株式会社取締役
創新物流株式会社会長
社長 中華民国詹景超ユタ州立大学 修士泰山企業株式会社取締役
喜威世流通株式会社取締役
創新物流株式会社取締役
大量油脂グループ
上席副社長
中華民国蔡政達輔仁大学経済研究所Golden Agri Resources (Tianjin) Company 社長
経営管理グループ
副社長
中華民国雷松清台湾大学財務金融学科台湾比菲多食品社長特別補佐