ビジネス分野

首頁 泰山企業について ビジネス分野

油脂工場

泰山油脂工場は60年以上の製油経験を有し、現在市場において食用油製品が最も充実している会社です。食品安全/油の安全危機の試練を何度もクリアし、また、2014年に国際SQF Level3という最高レベルの認証を取得。常に品質の追求と世界基準への一致を目指し、国民の健康を油製品の研究開発の重点として、消費者の皆様の飲食に対する異なるニーズに対応し、一連の油製品を発売しています。

食品工場

泰山食品工場は品質を重視し、国の法令を順守して食品の安全管理を行っています。2013年に食品工場がFDA認証をクリアし、アメリカ・カナダへの輸出注文を取得。2014年からSQF Level3標準を国民の健康を守る重要な検査として採用しました。さらに、2016年に率いち早くISO9001:2015の標準を実施し、国民の健康を守ることを重点に、世界標準を目標としました。

甘味

伝統的な甘味の現代化、精緻化という経営理念を守り、国民のために研究開発、発売した伝統甘味シリーズは、これまで消費者の皆様に愛され続けて来ました。健康指向に一致する「八宝粥」、「花生仁湯(ピーナッツスープ)」、「養生珍饌」などのブランドは、中国の伝統的な甘味に健康と栄養という新たなコンセプトをプラスしています。

飲料

泰山仙草蜜、黒糖仙草ナタデココ、緑豆ナタデココなどのオリジナルの技術による粒入り飲料、さらに「冰鎮」紅茶、緑茶、フルーツティーなどの飲料は、数十年来国民の皆様に愛され続けています。その他、泰山のボトルウォーターは業界をリードし、純水は高温煮沸による良質なイメージで広く知られています。また、Twist Waterは台湾初の軽量ボトル設計のエコウォーターで、プラスチックを43%カットし、1年で台湾の10万バレルの石油精製を減らすことができます。さらに、1本あたり50gの二酸化炭素を削減し、これは年間55000トンの二酸化炭素排出量の減少に相当します。泰山は常に安全、美味しさ、技術、環境保護における革新とバランスをモットーとしています。

水産飼料工場

泰山では油製品の製造業務において、大豆を搾油後に大量の豆粉が発生し、これを牧用飼料として利用することができるため、水産飼料製造業務が派生しました。泰山の水産飼料は主に台湾の水産養殖業者を顧客対象に、様々な配合の水産飼料を提供し、また、専門飼料量の推奨量により、市場の養殖水産量の安定、販売価格の変動の減少に協力しています。泰山の水産飼料は健康と安全をモットーに、飼料を安全の起点として、国民の健康を守ります。

北斗牧場

泰山の初期の飼料業務から実験牧場業務が派生しました。食品安全チェーンにおける安全理念の推進にこだわり、北斗牧場の豚は健康的で自然な環境の中で成長し、無污染、薬剤無添加の無添加飼料を採用しています。出生後にワクチンを投与する以外、抗生物質、スルフォンアミド、成長ホルモンなどの薬品を一切使用せず、恒温でエコロジーかつ風通しの良い自動冷却システムの畜舍で自然に成長し、健康な豚に育てています。また、北斗牧場の豚は良質な無污染の飼育方法で飼育されているため、フランスのカルフールのCQL認証を取得しており、鼎泰豊、王品、𠮷野家といった有名企業から指名で注文を受けています。さらに、不定期で畜舎の検査を行っている、安全を重視した良質な牧場です。

流通事業

喜威世流通有限株式会社 Pin-Tai Distribution Enterprise Co., Ltd.

  • 1987年に設立。初期の社名は彬泰公司で、2002年に社名を喜威世公司に変更し、物流事業群及び消費食品群を共有。
  • 簡便型流通システムの後方支援センターを現代化するため、泰山の製品の販売業務及びコンビニエンスストアの物流事業を担当。量販店、総合スーパー、仲卸業者、販売代理店などの現代化販売ルート及び従来の販売ルートを含む、健全かつ完備されたマーケティングチャネルネットワークを有し、新製品の発売と同時に全国でマーケティングを展開することができます。

中国の事業

泰山企業(漳州)食品有限公司Taisun Enterprise (Zhang Zhou) Foods Co., Ltd. 

1997年に設立。台湾泰山企業の投資により設立された食品製造を行う専門工場です。アモイ市、漳州市の間の角美経済開発区に位置し、開発区内で最大規模のトップ企業の一つです。会社の敷地面積は6万平方メートルで、総投資額は2000万ドル。世界で最先端の甘味、飲料の3つの自動化ブリキ缶生産ライン及びPET自動化飲料生産ラインを有し、年間生産量は1000万ケースに達しています。

泰山企業(漳州)食品有限会社は、緑化及び生態の回復作業を重視しており、工場エリアには常緑広葉樹、芝生緑地が植えられ、緑化面積は35,000平方メートル、緑化被覆率は58%に達しています。1998年11月に94年版ISO9002国際品質システム認証をクリアし、2001年8月には2000年版ISO9001に変更。2002 年8月に仙草蜜、八宝粥など18種類の製品がアメリカFDA登録認証をクリアし、製品はすでにアメリカ、カナダ、日本などの国に輸出されています。さらに、2003年2月に食食品業界のHACCP認証をクリア。2005年 1月に全国食品業界の飲料及び缶詰QS認証を取得。

廈門仙草南路商貿有限会社 

2009年7月、泰山は初めて中国の甘味市場に進出し、アモイの中山路で初の「仙草南路」旗艦店をオープンしました。泰山の中国の甘味市場進出の出発点として、華南地区の消費者に「新鮮、自然、美味しい」良質な甘味及びリラックス、憩いの空間を提供しています。

輸送業務事業

創新公司 

1978年以前の泰山の輸送業務部門から、1978年に奨励投資条例によって専門の流通販売会社である「春山交通公司」を設立。1984年に社名を創新交通事業股份有限公司に変更し、所在地は彰化県田中鎮大新工業区内となりました。創新物流は国内で一定の規模を持つばら積み輸送チームを有し、台湾全国への商品配送を随時サポートすることができます。2002年に経済部商業司の支援を受け、貯蔵、輸送、販売の自動化管理システムを完成させて以来、各チェーン店への配送を行う重要な物流パートナーとなっています。

NGO公益事業

泰山文化基金Taisun Cultural Foundation

  • 1990年に設立。
  • 趣旨:命の教育の推進、命のポジティブ、優れた価値を啓発し、素晴らしい人生をもたらす。
  • バリュープロポジション:自分を理解し、他人を思いやり、自然を敬愛して、価値を生み出す
  • 心の成長、命の教育に関する様々な活動を推進し、「素晴らしい人生を歩むために、まず心を豊かにする」という理念を普及させ、「プラスの信念を構築し、 調和のとれた人生を切り開く」事をモットーに、現代社会にとって前向きな精神を伝えることで、市民、教師、青少年の身心の安定、魂の成長にとって大変大きな助けとなります。 また同時に、家庭は社会の基礎であるという考えから、小中学校を巡回し、保護者教育を行うことで、正しい教育観を伝え、次世代を担う子供たちにとっての素晴らしい成長環境を作りをサポートしています。

ファミリーマートTaiwan FamilyMart Co., Ltd.

泰山企業は2007年11月に157店舗のニコマートの営業権をファミリーマートに譲渡し、業界初の大規模合併案を完了。持株比率が21.85%に達し、泰山の重要な再投資対象となり、会社のコンビニエンスストアリソースへの投資における全体的な収益を効果的に高めました。

FamilyMartは1988年に日本から台湾に導入され、資本金は2億元。1994年から損益が均衡となり、1997年以降に急速に成長し、店舗拡大のスピードが大幅に加速しました。2002年にファミリーマートは経営の成果を社会と共有する事を決定し、株式上場企業となりました。2017年6月末までの台北の店舗数は3106ヶ所。ファミリーマートは「顧客満足、共に成長」を経営理念に、価値の伝達とコミュニケーションの架け橋となり、顧客、フランチャイジー、提携企業、会社、社員全体及び地域住民と革新し続け、共に成長することを願っています。

FamilyMartをお客様にとって最も身近な存在にすべく、ファミリーマートは「サービスNO.1」というプライドを持ち、真剣で責任感がある真摯な態度でお客様にとって最も身近な存在となり、お客様が面白いと思う事、お客様に愛される商品やサービスを提供します。また、S&Q.C.(Service, Quality and Cleanliness)を徹底し、ファミリーマートの全店舗でお客様に満足していただき、身近で心地よい場所となることを期待しています。

中聯油脂Central Union Oil Corp.

中聯油脂は泰山企業、福寿実業及び福懋油脂の国内の有名食品上場企業3社の共同出資により誕生した会社です。この3社はいずれも20年以上に渡る油脂事業の経営経験があり、また、各社が毎日大豆600~700トンの一貫作業を行う油脂工場を有しています。中聯油脂は同業提携の新時代を切り開き、油脂業のトップが集い、世界レベルの一流工場を目指して果敢にまい進しています。

工場の特徴

一、地理的位置:中聯油脂は台湾の中部、アジア太平洋の海運の中心である台中港の1号埠頭の隣に位置し、中国大陸の東南沿海地区に近い絶好の地理的位置にあります。

二、港と工場の一体化:中聯油脂は輸送機が台中港の1、3号埠頭にある遠東倉儲公司の15万トンの穀倉と連結しており、また、同時に6万トンクラスの船舶が2隻停泊することができます。原料と製品の輸出入輸送において、台中港と密接に連携しており、毎年巨大な額の内陸輸送費用を削減することができます。

三、ISO14000認証:最先端のISO14000国際環境保護品質管理標準にもとづいて工場建設を計画。環境保護と品管を重視した理念により、極東で単一機器の生産能力が最大の大豆加工工場を経営しています。

四、コンピューター化制御システム:全工場でコンピューター化制御システムを採用。製造工程の制御がより正確になり、作業員がスリム化され、効率が上昇し、いずれも従来の工場の2倍以上優れています。

五、主要製品:大豆粉末、サラダ油、大豆関連商品(厳選大豆、特選大豆、遺伝子組み換えでない食品レベルの大豆

六、工場の敷地面積:78,800平方メートル(約848,200平方フィート)

七、生産能力:脱脂工場:毎日3,000トンの大豆を加工。精油工場:毎日60トンの大豆油を精製。