沿革

首頁 泰山企業について 沿革

1950年10月26日に創設された泰山企業は、詹玉柱4兄弟が員林に益裕製油工場を設立したことから出発し、専門の食品工場として発展して、すでに3代に渡り受け継がれています。泰山の初期はサラダ油、畜産飼料及び缶詰製品の輸出などで利益をあげ、1973年に泰山油脂工場と食品工場を建設したことで、泰山の壮大な基礎が打ち立てられました。1984年より、泰山企業は「伝統グルメの近代化」策略に基づいて国内市場に参入し、仙草蜜、八宝粥等の缶詰め甘味の展開に成功。国民生活消費食品市場における安定した地位を確立し、以下では国内販売後の発展について紹介しています。

沿革

  1. 油脂部門は18リットルの大量の油を持ち、台北モスク財団ハラル認証(HALAL)を取得するための9製品を保有しています。。
  2. 泰山エンタープライズ、パームオイル持続可能な生産協会のRSPOメンバーになる。
  3. 5月にCheersが発売された後、彼は6月に輝く水製品の販売で1位を獲得しました(Nielsenデータ)。
  4. 9月には、中国本土の昆山工場が9,000万新台湾ドルの利益を計上し、その収益は泰山企業(漳州)有限公司に移管された。
  5. 最初の法人説明会の取扱い。
  6. 泰山2016年CSR報告書は、TCSAサステイナブルレポート賞を伝統的な銀賞で受賞しました。
  1. 取締役会の改選で、詹逸宏氏を代表取締役に、詹景超氏を社長に任命。
  2. 体育署の運動企業認証を受賞。
  3. 彰化県幸福企業を受賞。
  4. 泰山八宝粥が農委会の「シルバー層に優しい食品」賞を受賞。
  5. 政府が一例一休などの『労働基準法』を修正し、生産ラインのシフト方式及び企業の人件費の減少ショック案に対しすでに、2017年の調整ディスカッションを行った。
  6. 12月26日に子会社の泰山企業(漳洲)食品有限会社(略称泰山漳州)と宏全食品包装(漳州)有限会社(略称宏全漳州)が、双方で契約履行保証量の終了を協議する。
  1. 電子レシートを導入した食品製造業者として、今後の食品安全追跡・トレースににとって有利となり、また、中部では初めて電子レシートシステムを導入した食品業者となる。
  2. ロボットアームの導入により、冷蔵ラインの作業環境を改善し、低温状態での人材、労働力を削減した作業を実現。
  3. 「台湾ピーナッツスープ」を発売。 100%台湾産の落花生を使用し、高品質の安心できる原料、香料無添加にこだわり、じっくり丁寧に煮詰めて現地の昔ながらの味わいを再現した台湾ピーナッツスープを提供。
  4. GMP 認証が 2015 年の下半期にTQFに変更され、これに合わせて後続の認証作業を実施。
  5. 泰山の工場エリアで全面的にバイオマスボイラを使用し、2015年は2014年と比較して1461キロリットルの燃料油を削減。また、CO2の排出量を4,543トン減らし、二酸化炭素削減を実施。
  6. 泰山純水の「落ちないキャップ」が 2014 革新商品評価賞—銀賞を受賞。
  1. 二水郷農会と国産仙草の提携契約書を締結し、仙草の原料供給源の一つとなる。
  2. 食品工場及び油製品工場が SQF-LEVEL3 認証を取得し、台湾で初めて国際食品安全標準 SQF 最高ランクの認証を取得した食品会社となる。
  3. 北斗牧場の環境制御型豚舎が竣工し、カルフールの CQL 認証をクリアして、カルフールの厳選豚肉商品となる。
  4. SQF認証の100%ピュアキャノーラ油を発売
  5. エコと利便性、特許取得を強調した「落ちないキャップの純水」を発売。
  6. 冰鎮グアバ緑茶が 2014 革新商品評価賞を獲得。

 

  1. 信南社長が引退し、顧問に転任。取締役会で詹岳霖を代表取締役兼社長に任命。
  2. 宏全国際公司と無菌充填生産ラインの提携を結び、台湾と中国が共同で研究開発した新商品 「仙草蜜茶」を発売。 台湾と中国が共同で消費者販促キャンペーンを行い、初めて2公演の「草の力」コンサートを開催。
  3. 員林飼料工場がマーケットポジションの調整を行い、空白飼料工場に変更。泰山北斗牧場と香里食品が提携し、共同で「クリーン豚」ブランドの食肉製品を発売。
  4. 健康好理由ブランドが有機食品認証の「第一道冷圧オリーブオイル」製品を発売。
  5. 「健康好理由ヒマワリ油」が国家健康食品認証の栄誉を獲得し、市場で唯一フィトールを含むヒマワリ油を販売。
  6. 冰鎮が「冰鎮グアバ緑茶」新鮮屋を発売し、市場で販売されている茶飲料の新商品第3位に輝く。
  7. 泰山がスペインから直輸入していた純クレープシードオイルについて、衛福部の検査で銅クロロフィルが陽性であったため、これに応じて直ちに商品を撤去し、消費者からの回収作業を行い、工場内で保存し、判定を待って販売を停止した。

泰山文化基金が教育部の「2013年度成績優秀教育基金」として表彰される。

 

  1. 泰山「TWIST WATER」が第 20 回台湾精品賞を受賞。台湾精品賞の設立以来初めてボトルウォーターの容器が賞を受賞。
  2. TWIST WATER が『数位時代』の第3回エコブランド大調査の食品飲料部門で「優秀」賞を受賞。
  3. 「泰山ヘルシーオイル」が3年連続でリーダーズ・ダイジェスト信頼ブランド金賞の評価を獲得。
  4. アメリカFDA PET ボトル熱間充填ライン認証をクリアし、台湾で初めて中性ペットボトル緑茶をアメリカに輸出した企業となる。
  5. 泰山冰鎮紅茶IP450ml が経済部工業局の「安心食品トレースプラットホーム」に加わる。
  6. 中国の宏全無菌 PET 充填ラインと契約。
  7. PP 包装材製品の「泰山黒木耳ドリンク」を発売。
  8. 点心の新商品『真珠ハトムギスープ』CAN330ml、PP290mlを発売。
  9. 健康好理由がオリーブオイル市場の参入に成功し、市場占有率が 7%成長。
  • 2007

  1. 詹岳霖氏が代表取締役を後任し、鄒信南氏が社長を後任。
  2. 1月に IP、TP 及び油製品が ISO22000 認証をクリア。
  3. 福客多公司とファミリーマートが資産譲渡契約を締結。
  • 2008年
  1. 喜威世公司が建泰国際公司、品泰公司と合併。
  2. 田中のドライペレット水産工場の建設が終了。
  3. 全社で BSC 業績管理制度を導入。
  4. 泰山純水が行政院衛生署の加工食品トレーサビリティーコードに加入。
  5. 仙草蜜新鮮屋が台湾食品化学技術学会の「新商品」賞を受賞。
  • 2009年
  1. 田中のドライペレット専門水産工場が正式に生産を開始。
  2. 廈門仙草南路商貿有限会社を設立。仙草南路レジャースイーツ店廈門中山路旗艦店がオープン。
  3. 泰山文化基金が教育部の2008年度社会教育公益団体賞を受賞。
  4. 油製品の包装ラインが食品 GMP 優良レベル認証の栄誉を獲得。
  5. 北斗牧場の家畜類製品が生産販売履歴認証を取得。
  6. オリジナルの新鮮屋大粒商品「黒糖仙草ナタデココ」、「緑豆ハトムギナタデココ」を発売。
  • 2010年
  1. 台湾で初めてプラスチック工業技術発展センターと技術提携したエコボトルウォーターの 「TWIST WATER」を発売。また、台湾で初めてボトル飲用水製品炭素足跡タグ証書の第 001 号を取得。
  2. 台湾で初めてナッツのエキスを豊富に含んだ「健康好理油ナッツエッセンスブレンド油」を発売。また、泰山の油製品が「2010 年リーダーズ・ダイジェスト信頼ブランド金賞」の栄誉を獲得。
  3. グランドホテル台北にて60周年謝恩祝賀会を開催。
  • 2011

  1. 泰山「TWIST WATER」が台湾で唯一、Food Bevメディア2010年度未来に最もやさしい世界の容器トップ20に入選。
  2. 泰山ヘルシーオイルがリーダーズ・ダイジェスト信頼ブランド金賞を連続で受賞。
  3. 泰山油脂の包装ラインが食品 GMP 優良レベル認証の栄誉を獲得。
  4. 可塑剤事件で泰山の全シリーズ商品が検査を受け、可塑剤が含まれていない事を確認。
  5. 泰山純水が彰化全国運動会の指定飲料水となる。
  • 2002

    冷蔵点心の生産ラインが GMP 認証を取得。

  • 2003年

自社製造力を高め、冷蔵設備を増設。

  • 2004年

ファミリーマート(株)の株式購入を進め、持株比率が 20%を超えて重大な影響力を持ち、持分法の評価を採用。

  • 2005

  1. 仙草蜜新鮮屋、純水の新ボトルを発売。
  2. 伝統点心の現代化を継続し、養生珍饌シリーズ-紫米八宝粥を発売。
  • 2006年

油製品の生産ラインが食品 GMP 優良レベル認証の栄誉を獲得。

  • 1997

  1. 中国の昆山工場及び漳州工場の建設が竣工し、生産を開始。
  2. 中聯油脂有限株式会社に投資。
  • 1998年
  1. 鮮果純水を発売。
  2. 中聯油脂公司が量産を開始。
  • 1999

  1. ファミリーマートと台湾全土の物流に投資。
  2. 泰山文化基金が再び「社会教育功労団体賞」を受賞。
  • 2000年

オフィスの自動化システムが始動。

  • 2001

1.冷蔵販路に参入し、冷蔵食品の量産を開始。

2.PET 生産ラインを増設し、工業局の GMP 認証をクリア。

3.詹岳霖氏が社長を後任。

  • 1992

冰鎮紅茶を発売。

  • 1993年
  1. 泰山仙草蜜の製造方法が日本の特許を取得。
  2. 油脂、食品、飼料の3つの工場が ISO-9002 認証をクリア。
  3. 品質運営における最高の栄誉である「国家品質賞(NQA)」を受賞。
  • 1994年

冷凍食品調理工場が竣工し、生産を開始。

  • 1995

    泰山純水を発売。

  • 1996年

中国の昆山工場及び漳州工場の建設が始まる。

  • 1986年

八宝粥を発売。

  • 1987年

ピーナッツスープを発売。

  • 1988
  1. 投資により八宝粥の新生産ラインを増設。
  2. 畜産場として77,303平方メートル(23,384.15坪)の土地を購入。
  3. 食品業で最初に食品 GMP 認証を取得。
  • 1989

  1. 食品工場の仙草蜜自動生産ラインを拡張し、八宝粥、ピーナッツスープ、緑豆スープ、緑豆あん飲料等の生産力を強化する設備を増やし、また、油脂工場の豆粉ばら積み倉庫、北斗畜産場の豚舍、各工場に関連する汚染防止に投資。
  2. 前任の代表取締役である詹玉柱氏が成功を収めて引退し、名誉会長に推薦され、取締役会が一致して元執行副会長の詹仁道氏を代表取締役に推薦し、就任。
  3. 泰山企業が株式市場に上場。
  • 1990年
  1. 食品工場の自動生産ラインを拡張。また、排水処理設備の増設、オフィスビルの購入、発送センターの設置及び物流工業への再投資などを行う。
  2. 新たにCIシステムを構築。
  3. 財団法人泰山文化基金を設立。
  • 1991

泰山文化基金が教育部の「社会団体功労団体賞」を受賞。